平成29年3月31日付にて大江学園施設長の大洞忠義さんが退任(定年退職)いたしましたのでお知らせします(後任は陽だまり・ふきのとうから渡朋仁が異動)。
大洞さんは46年もの長い間後志報恩会に在勤され、その間銀山学園、陽だまり(施設長)、大江学園(施設長)で利用者さんの幸せのために尽力されました。
詳しいことは下の「退任のご挨拶」をご参照ください。
大江学園施設長 退任ご挨拶
後志報恩会の黎明期(昭和45年からの銀山学園創設期)を知る残り少ない職員として奮闘されてきた大洞さんの退職は、法人としても大変残念なことですが、後を託された我々がその「創業の想い」を引き継ぎ、法人の理念が編み出されてきたエピソードや経緯をしっかり後世に伝えていかなければならないと感じております。
長い間ありがとうございました。